MENU
シミアディオス!敏感肌・乾燥肌の美白化粧品レビューと3つの対策 TOP  >  未分類  >  更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

更年期障害で、シミができるのをはじめて知りました。女性の体のメカニズムを知り、40代の健康やお肌のトラブル解消法を考えてみましょう。
更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

更年期障害って何?

更年期とは閉経前後の10年間くらいのことを言います。

日本人女性の平均閉経年齢は50歳。だから45~55歳ぐらいの時期に、何らかの体や心の変化があるようです。

更年期の症状には個人差があるらしく、自覚症状がない人から、日常生活に支障をきたすほどの人もいるようです。

日常生活に影響があるくらいの症状を、更年期障害と呼びます。

一般的に専業主婦の方が、規則正しい生活ができていなくて(早寝早起をしなかったり、生活のリズムが確立されていない)、更年期障害に悩む人が多いようです。

ジーナの旦那が、「僕のママがちょうど45歳過ぎたころに、更年期障害を経験したよ。いつも穏やかなママがすごくイライラして、ヒステリックになったのを覚えてる。」って、言ってました。

ジーナの母親は、仕事を持っていて、規則正しい生活を送っているからか、更年期障害には無縁で、元気に過ごしています。 笑

更年期障害が起こるわけ

閉経が近づく50前になるとどんなことが起こるのでしょう?

卵巣機能が低下し、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減少します。

脳はエストロゲンの分泌から、卵を成長させる卵胞刺激ホルモンや、排卵を促す黄体刺激ホルモンの分泌指令を卵巣へ送っていますが、エストロゲンの減少によってそのバランスが崩れてしまいます。

美白番長ジーナの場合、「若年更年期障害」のようなものを経験し、不妊治療でこのエストロゲンや黄体刺激ホルモン・卵胞刺激ホルモンなどのバランスを整えるため、ホルモン注射をしていました。

ホルモンバランスの崩れは視床下部も刺激します。

すると自律神経のバランスが乱れて、その結果、心身に様々な症状が現れるのです。

 

更年期障害の症状って?

個人差がありますが、更年期の初期と中期~後期で起こる主な症状があるようです。

初期

  • 月経異常…不規則になり、周期が長くなったり短くなる
  • 自律神経失調症…のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷え、血圧の変化
  • 精神神経症状…記憶力・集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、頭痛、めまい

中期~後期

    • 膣や膀胱の衰え…頻尿、尿漏れ、細菌性膣炎を起こしやすい
    • 筋肉や骨格の衰え…尿漏れ、肩こり、腰痛、関節痛、子宮脱

更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

  • お肌の衰え…シミ、シワ、透明感の低下

ちょうど、40代の女性の肌の悩み第一位が「シミ」なんです。

上記以外にも高血圧や高脂血症、高血糖、肥満などになりやすくなります。
更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

更年期障害への対処法

プラセンタ注射が、更年期障害の治療でよく使われています

一般的に美容目的で、美容皮膚科などに行くと、プラセンタ一本1500円から。プラセンタ2本に、ほかの美容成分を混ぜた点滴を受けると、すぐ一回10000円以上になります。

更年期障害と診断された場合、保険がきくので、プラセンタ注射が比較的安い値段で受けることができます。しかも、プラセンタは更年期障害に効果をはっきするだけでなく、美肌・シミ改善から、あらゆる不快な症状を改善していってくれます。

いっそのこと、「更年期障害」と診断された方が、安くプラセンタ注射が受けれるではないか?と思いますよね。。。

プラセンタ製剤のメルスモンは皮下注射します。このメルスモンの効果は絶大で、更年期障害の治療にはかかせないものとなっています。

それ以外は貼り薬、塗り薬、飲み薬となり、一部の漢方薬を除いては健康保険が適用になります。

  • メルスモン注射
  • ホルモン補充療法(HRT)
  • 自律神経調整薬
  • 漢方薬

更年期障害改善のプラセンタ注射の問題点

医療の現場、美容の世界でも、偉大なる効果のプラセンタですが、大きな問題があります。

  1. アレルギー反応を起こす人には使えません。 美白番長ジーナは、美容目的でプラセンタ注射に挑戦しましたが、アレルギー反応を起こしました。ただし、メルスモンに関しては、1956年以来重大な副作用を起こした例はないようです。
  2. 一度でもプラセンタ注射を行った人は、献血ができなくなります。理論上感染症の疑いを100%否定できないことから、厚生労働省が2006年に定めたようです。▼▼▼

プラセンタ注射で献血ができない体に。でもサプリで復活

更年期障害の改善に、必ず使われる「プラセンタ」ですが、美白番長ジーナのようにアレルギー体質で、使えない人はどうしましょう?

はり薬・塗り薬・飲み薬(これも気をつけてください)や、漢方などで、自分に合った治療を探していきましょう。

更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

そんな美白番長ジーナのプラセンタはこれ▼▼▼

美容マニア達の常識”エイジングリペア”でアンチエイジング

 

ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村

同じカテゴリー「未分類」の一覧

ミヤネ屋老眼回復2つのアンチエイジングPPAP方法

ミヤネ屋老眼回復2つのアンチエイジングPPAP方法

ミヤネ屋今日見ました?美白番長ジーナは、ミヤネ屋は芸能界ニュースが多く暗い話が多いので、いつもは見ないんですが […]

記事の続きを読む
冷たい飲み物があなたをダメにする!美容・健康へ本当の水の飲み方

冷たい飲み物があなたをダメにする!美容・健康へ本当の水の飲み方

冷たい飲み物があなたの健康と美容に悪影響な事は知ってますよね? 日本の夏は特に湿度が高く蒸し暑いので、ついつい […]

記事の続きを読む
更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

更年期障害でシミができるの?40代が一番気になるお肌の悩みとは?

更年期障害で、シミができるのをはじめて知りました。女性の体のメカニズムを知り、40代の健康やお肌のトラブル解消 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

美白番長ジーナのプロフィール

美白番長ジーナのシミアディオスサイトで勉強すると、あなたもこれからシミを気にせずすっぴんに自信が持てるようになります。

プロフィールの続きを読む
    ブログランキングに参加しています
    ぽちっとお願いします! にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
    にほんブログ村

Copyright© 2017 シミアディオス!敏感肌・乾燥肌の美白化粧品レビューと3つの対策

ページトップ